福祉士の資格について

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

福祉 資格み

ビル

福祉士の資格について

福祉士には大きく分類すると、介護福祉士と社会福祉士の資格があり、介護業界では介福と社福と呼ばれることもあります。
両者とも国家資格なので、キャリアアップや就職・転職にも有利となり、現場で働きながら受験勉強する人も多いです。
試験内容も介福の方が、筆記試験と実技試験があり、筆記試験に合格したもののみ実技試験を受験することができます。
社福の方は、試験科目が共通科目と専門科目があり、幅広い知識が必要となります。
基本的には、介福は介護のスペシャリストで、社福は障害者や高齢者、生活保護世帯などの福祉社会を支えるスペシャリストです。
超高齢者社会で両資格は今後も需要が高くなる傾向があり、さまざまな場所での活躍が期待されます。