福祉の様々な資格について

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

福祉 資格み

ビル

福祉の様々な資格について

福祉の仕事はたくさんあります。
社会・介護・精神保健福祉士といった国家資格は大学および専門学校で必須科目を履修し、さらに指定された時間の現場実習が必要となります。
児童・高齢者・障害者など様々な分野で実習が行われます。
また介護職員初任者研修といって、以前はホームヘルパーと呼ばれたいた資格は民間資格なので比較的取得しやすいです。
ホームヘルパーが介護職員初任者研修となった背景としては、高齢社会になりつつある現代で、今後ますます増えるニーズに対応するためだと言えます。
実際、「認知症の理解」「障がいの理解」という講義が増え、車椅子やベッドを使った実技演習が増えたので、仕事内容の質と技術が高まるでしょう。
しかし施設実習が無くなってしまったことは残念だと言えるでしょう。