福祉関係の資格取得と活用

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

福祉 資格み

ビル

福祉関係の資格取得と活用

「福祉」と聞くとどんなイメージがありますか。
高齢者の介護などを思い浮かべる方が多いかもしれません。
しかし、その分野は高齢者、身体障害者、児童、精神障害などがあります。
また、住環境コーディネーター・ガイドヘルパーなどの民間の資格から、介護支援専門員などの一定の実務経験が必要な物、また所定の科目を履修して国家試験に合格すると取得出来る、精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士があります。
国家資格は医療分野とは異なり、その資格が無いと業務に就けない業務独占ではなく、その名を名乗ってはならない名称独占です。
しかし、施設によっては有資格者が全体の何割配属しているかで、施設に入る収入が異なってくる場合もあります。
それだけ、専門性とその必要性が増してきたため報酬にも反映されてきているのです。